DMPはウェブマーケティングで的確なニーズを知れる必須のシステム

DMP うちにおまかせ!
人と人との繋がり

導入する意味

DMPを使うことによって、これまで広告を提供する側の業者に独占されてきた顧客の姿を洗い出すための情報を、自社で管理することができるようになります。
インターネット上で活用されるバナー広告を始めとした広告物は、ウェブサイトも含めて、外注先が顧客の姿を洗い出して、必要なアプローチを施すことが多かったのが、直近までの特徴です。
それはオープンDMPと呼ばれるシステムによって成立してきました。オープンDMPとは、広告を制作して顧客に訴求する業者側がノウハウとして顧客の行動を収集するために利用されています。
現在では、それをさらに一般人にとって利用価値が高い、プライベートDMPという形に昇華しました。
プライベートDMPにおいては、ウェブサイト上の顧客行動を追いかけて収集することや、対象となるサイトに来訪する15分前までの行動履歴を収集できることなど、オープンDMPで利用されてきた情報が収集できます。
そのうえで、顧客管理システムであるCRMに登録した会員情報をオンラインショッピングのログイン情報と結びつけ、サイト来訪者の足あとであるCookie情報と同期させることができます。
さらに、その同期によって顧客の行動を収集できるなど、自社内の情報と結びつけたり、自社内に情報を蓄積したりできるのがプライベートDMPです。
今までは広告を売る側に掌握されてきた、本来ならば自社で把握しておきたい情報を手にすることができるシステム、それがDMPです。

DMPのツールを利用すると、相手がどのような端末からウェブサイトを閲覧しているのか知ることができます。
本来であれば端末が違うことで、同じ人が見ていたとしてもそこまで判断することができません。
ですが、ログインを伴うウェブサイトであればその判断をすることも可能です。
ログイン情報とアクセス情報の統合を行うことで、あるユーザーがどのような端末から利用していて、どのような利用を行っているのかという情報に昇華することができます。
その昇華した情報の精度は、年令や性別、居住地などの会員情報とも統合されていることで、とても高いレベルに成長します。
実店舗で得られる情報以上に、ネット上で得ることが出来る情報はDMSによって非常に大きくなります。
どんな人間が、どんな方法で、どんなタイミングで、どんな目的で、どんなページを求めて、どんな購入を実現するために、ウェブサイトを利用しているのかを知ることができるのがDMSです。

Copyright(c) 2015 DMPはウェブマーケティングで的確なニーズを知れる必須のシステム. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com