酷使しすぎていませんか

目元

調節力の程度を知ろう

老眼は目を酷使するほどに進行していきます。近くを見る際には毛様体と呼ばれる筋肉を使用して水晶体の形状を変え、ピントを合わせていきます。この毛様体は加齢に伴い、段々固くなって弾力が失われていきます。無理をして目を使用していると網膜にピントを合わせることができなくなり、眼精疲労が強く起きたり、手元で物を見ることが難しくなります。老眼の進行は年齢とともに進んではいきますが、日頃から予防することが大切です。予防策として自分の目がどのような状態なのか知ることから始めましょう。自分の毛様体がどの程度動かすことができるか調べることで調節力の程度がわかります。調節力は年々衰えていきますが、近くのものにピントを合わせるとき、自分の持っている調節力以上に力が必要な場合には老眼鏡の使用が効果的です。負担を軽減させることが老眼の進行を遅らせる予防策となります。近くを見る際に眼筋を軽減させるだけでなく、定期的な休息も予防に繋がります。近くを長時間見続けると眼筋を常時負荷を掛けている状態なので、定期的に遠方を見ることで眼筋の力を抜くことができます。パソコンを使用した仕事や細かなものを見る仕事の人は、眼筋に負担を掛けない使用法を身に付けましょう。最近では屋外と室内では目の使い方も異なるため、遠近両用や中近両用といったレンズを使用することで快適さを追求することができます。遠近は遠用視野が広く、中近では近用視野が広いので、適材適所で使い分けしましょう。

Copyright© 2018 目を老眼の脅威から守ろう|予防に欠かせない成分とは All Rights Reserved.