目元

酷使しすぎていませんか

加齢と共に現れる老眼は、使用方法を考えることで進行を遅らせる予防ができます。眼精疲労がひどい人は定期的に遠くを見ることで毛様体と呼ばれる眼筋が緩み、負担を軽減させてくれます。また、自分の調節力以上に目を酷使している人は眼鏡を使用することで快適さを追求できます。

目

視力を維持するために

近視の人でも老眼になります。現在近視用の眼鏡をしている場合でも、年をとるにつれ近くが見えにくくなったと感じたら、老眼鏡をかけることを検討しましょう。目の負担を軽減することは予防措置として有効であり、老眼の進行を遅らせることが可能となります。

レディ

生活環境を見直しましょう

年齢とともに生じる老眼を少しでも軽減させる予防策に、休息と日頃の視線の使い方、光量が足りている環境が大切です。ものを見るときの姿勢が悪かったり、暗がりの中でスマートフォンを見る行為を改善し、眼科医と相談して適正な老眼鏡を作成してもらうとより快適になります。

目

サプリメントを役立てよう

老眼は加齢が原因なので、誰でも罹る病気です。若い20代、30代の人もパソコンや、スマートフォンを日常的に使用しており、老眼のような症状が出ている人も少なくありません。病気を予防するためには栄養価の高い食事を心掛けたり、サプリメントで栄養素を補うと良いでしょう。

目

栄養素を満たして防ぐ

老眼は誰にでも起こる老化現象ですが、栄養素の摂取とトレーニングなどによりある程度予防は可能です。必要な栄養素は様々なものがありますが、十分な量を食事からとるのは困難なのでサプリメントの活用もおすすめです。

目を大切に

婦人

大切な器官

日常生活で重要な役目を果たしている目は年を取るにつれて徐々に老化していきます。その症状の中でも今回は老眼の予防について説明していきます。老眼の一般的な症状としては近くのものが見ずらくなったり、目が頻繁に疲れてしまうといった症状があります。こういった症状は目の組織の一部である水晶体や毛様体筋が硬化してくることで近くのものにピントを合わせにくくなることが原因となって起こります。さらにこれらの症状の原因を掘り下げていくと血行不良という原因に突き当ります。なぜならば目の組織を動かすためにはエネルギーが必要でそのエネルギーを供給するのが血液の役割だからです。ではこういった症状を予防していくためにはどのような対策が必要となってくるのかというと大きく分けて2つの方法があり、ひとつは食生活の改善、もう一つは目の体操やトレーニングを行うことです。食生活の改善がなぜ老眼の予防につながるのかというと血液から目に良い栄養を送ることができるという点にあります。具体的な目に良い栄養素としてはビタミンA、C、Eなどがありニンジンやタラ、かんきつ類などがこういった栄養素を多く含んでいるので日頃の食事に盛り込んでみるとよいかもしれません。目の体操やトレーニングは目の組織の筋肉そのものを強化することで老眼を予防する方法です。毎日寝る直前に目のみを動かして左右を見る運動や目を閉じたり開いたりする運動などが効果的です。こういった簡単にできることでも老眼の予防につながるので実践してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 目を老眼の脅威から守ろう|予防に欠かせない成分とは All Rights Reserved.